日常が返ってきました

昨日は久しぶりの高崎カホン部でした。
みんなマスクして、私はマスクじゃ鍵ハモ吹けないのでフェイスガードで、広い部屋を贅沢に少人数で距離とって、換気して、もちろん消毒もバッチリ…で実施。

やっぱりリアルに会って音楽するのが一番だと再確認しました。参加された部員さんもニコニコで、みんな口々に「楽しい!」を連発!本当に幸せな時間でした。

昨日は少人数なので初心者さんにフォーカスして、コンガの基本リズム、トゥンバオを練習しました。このリズム、カホンでもとても役に立ち、覚えておくと何かと便利なリズムなのです。これを機会にカホン部員にはぜひマスターしてもらいたいので、次のカホン部でも特訓します✊

来月の高崎カホン部は、7/8(水)19:30〜、来月の高崎が待てない方は、明日11日の伊勢崎へ!
今月25(木)から松井田も復活するので、ぜひ一緒にやりましょう!!

週末13(土)14:00〜、桐生の有鄰館で開催するドラムサークルへのご参加もお待ちしております。残席僅かです。

ドラムサークル リズムで繋がる太鼓の輪 地域コミュニケーションやチームビルディングに!

さて話変わって…昨日から前橋カルチャーセンターの各種レッスンも再開しました。
…が、一番恐れていた結果ですが、3分の2の生徒さんが退会されてしまいました。3月からの長いお休みの間に気持ちがしぼんでしまわれた方が多くて「もう家を出るのが怖い」「出かけるのが億劫になった」ということです。

カルチャーの生徒さんは高齢の方が多くて、それまで音楽に全く縁のなかった方が、勇気を出して私のクラスに来てくださって、

  • 生活の中に音楽があるという楽しみ
  • できなかったことができるようになる楽しみ
  • 月に2度おしゃれをしてお出かけする楽しみ
  • みんなで音を合わせる楽しみ
  • レッスン後、みんなでお茶しておしゃべりする楽しみ
  • レッスン帰りにひとりで映画を見てリフレッシュする楽しみ

…など、どちらかというと引きこもりがちな方が勇気を出して受講することで、いろんな楽しみを得て、豊かな毎日を過ごしてくださっていただけに、やはり、この長いお休みで気持ちが落ちてしまったのは本当に残念。

他にも持病や高齢の家族の介護でレッスンの継続を断念された方もいらして、生徒さんからメールや電話でご挨拶をいただくたびに仕方がないのですが悲しい気持ちでいました。私のクラスに限らず、他の講座も同じような状態で、いつもあれだけにぎやかだったカルチャーが、昨日はお通夜のように静かで寂しいです。

ちなみにカルチャーの規程で5人を下回ったクラスは廃講になるため、これまで前橋では5クラス開講していたのですが、来月からクラスを統合&個人レッスンで対応することになりました。

そんな悲しい再開初日だったけど「再開を待ってましたーーー!!!」「自粛で退屈だからいっぱい練習したんです。聴いて下さい!」という生徒さんで、昨日のレッスンはかなりホットに。
少人数なのでいつも以上にかゆいところに手が届くレッスンができて
「少人数でこんなにていねい教われて贅沢!主人に自慢します」
「今日は来て本当によかった。家で一人でずーっと吹いていてわからなかったことがすべて解決した。これでもっと練習できる!」
など喜びの声がいっぱいだったことはとても嬉しいです。

そんな感じで、昨日は、久々通常運転で慌ただしく一日がおしまい。
まだまだ収束は遠いですし、油断もできません。課題も山積みだけど、こうやって少しずつ日常が動き出し、リアルが戻ってきたのは本当に嬉しいことです。これからもコツコツ頑張っていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です